股関節評価について

両親犬の説明欄にある

股関節Bランク(7・8)という記載について説明します。


数字について

カッコ内は右足・左足の股関節の評価数字です。

一番良い股関節が0

一番悪い股関節が45

プレジール基準は0~13


ランクについて

このランクの基準はFCI(国際畜犬連盟)という機関の基準を採用しています。

Aランク 0 〜 4   股関節形成不全症の兆候なし

Bランク 5 〜 11  ほぼ正常な股関節

Cランク 12 〜 15  軽度の股関節形成不全症

Dランク 16 〜 20 中度の股関節形成不全症

Eランク 21 〜 45 重度の股関節形成不全症


FCI(国際畜犬連盟)とは世界的に権威ある機関で、JKC(ジャパンケネルクラブ)は1979年から加盟しています。

JKC(ジャパンケネルクラブ)は血統書発行、ドッグショーや訓練競技会、トリマー資格の発行等の団体です。プレジールケンネルはこの団体に加盟し、血統書の発行を受けています。


JKC(ジャパンケネルクラブ)に於いてのFCI評価基準表リンク

https://www.jkc.or.jp/certificates_and_breeding/hereditary_disease/pedigree_certificate1


JAHD(日本動物遺伝病ネットワーク)の基準は

片足のスコア(左右の悪い方が基準になる)

0~4 股関節形成不全の所見はなし

5~8 明らかな股関節形成不全の所見はなし

9~13 記載なし

14~ 軽度の股関節形成不全

  ~ 中度の股関節形成不全

  ~ 重度の股関節形成不全

となっています。


日本遺伝病ネットワーク内 股関節形成不全とはのページリンク

http://www.jahd.org/disease/d_hipjoint



プレジールケンネルでは

片足スコア 14以上の繁殖は行いません。

また、片足スコア12以上はスコアの低い相手と交配するという条件付きで繁殖を行います。


プレジールケンネルは

スコアを低くする努力をしていますが、スコアをゼロに近づける努力はしていません。

それは、股関節形成不全だけにフォーカスして繁殖をすると、性格や顔立ち、毛質、アレルギーや心疾患、他の臓器の病気等のコントロールがしにくくなってしまうからです。

必要なのはバランス、犬が一生痛みを生じない範囲のスコアを目指しています事をご承知おきください。

プレジールケンネル

ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバーの子犬販売、繁殖、ブリーディングを行っています。 犬種特有の遺伝疾患を減らすよう努力しています。特に股関節形成不全について力を入れています。 どなたでも見学をすることが出来ますが、見学には予約が必要です。 大型犬の優しさやおおらかさ、賢さを実際にご覧頂き、ご家族で子犬を迎える計画を実現してください。