遺伝疾患への取り組み

【股関節形成不全】

股関節形成不全とはゴールデン・ラブラドールに多い遺伝性の関節の病気です。重度の場合、脱臼したり神経を圧迫して痛みが出るため歩くことが困難になる恐れがあります。

根治する方法は無く、外科的手術になると、治療費は片足の治療に50万円以上と高額になります。何よりワンちゃんは一生痛みに耐えながら生きることになります。

股関節形成不全の発症の要因は70%が遺伝的要因・残り30%は環境要因と言われており、両親を検査することは生まれてくる子犬の遺伝子をコントロールする意味で大変重要な意味を持っています。


プレジールケンネルでは両親犬の股関節の状態をJAHDという検査機関で検査を受けています。片足13以下の親犬だけで繁殖をしています。

この数字は0~45まであり、数字が少ない方が良い股関節になります。

0を目指す方針ではなく、一生涯自分で歩ける関節を目指しているので、13までは許容範囲と考えています。


両親を調べ始めて10年以上経ちますが、非常に良好な結果が出ており、ケンネルで残した子に発症する子犬が激減しています。


お客様のご好意で頂く巣立ったワンちゃんたちの結果はケンネルの子よりも良いスコアが出る傾向にあります。このことから、一般の飼い主様が飼育する場合、リスクではなく、良い状況であるという事になります。


環境により股関節が悪くなる例

・階段での生活

・コンクリートでの運動

・登山・マラソン・自転車並走などの日常的で長時間の強い運動

・肥満

・運動不足

・日光浴不足など

※飼い主様には飼育環境や運動、体重管理を飼い主様が管理していただく必要があります。


★参考:アメリカで若年期の避妊去勢手術は関節や骨の成長に影響があるとしており、生後1年未満の避妊去勢手術を奨励しないという報告があります。


★現在、プレジールケンネルでは100頭に1頭程度に股関節形成不全が出る傾向にあります。残念なことに全く発症しないという状況には至っておりません。


★手術が必要になった場合の治療費は片足50万円以上と高額になります。万が一に備え、ペット保険の加入や貯蓄をご検討ください。


★生後2か月の頃は関節が小さいのと、関節の隙間が非常に空いているため、将来の形状を予想する事が難しく、股関節に異常があるか判断をすることが出来ません。


★成長期の生後4か月~5か月に歩行の違和感がありましたら、整形外科専門医の診察をお勧めします。骨頭や臼蓋(きゅうがい)を人工物にしなくてもよい治療法があります。


★心配で確認したい時はこの頃(生後4~5か月)にレントゲンを撮ると、ある程度の判断が出来ます。



まとめ

・両親犬や兄弟姉妹、祖父母以上の祖先を検査している繁殖は安全度が増す。

・気を付けて育てた子は家庭犬の方が結果がよくなる



こちらのページで詳しく記載しました。(最下にもリンクあります)

https://www.pregyle.com/posts/categories/2447282



【prcd-PRA、PRA1、PRA2】

福田ブリーダーの親犬たちは全頭検査済み、生まれてくる子犬たちはprcd-PRA、PRA1、PRA2を発症しない掛け合わせで繁殖をしています。

ゴールデン・レトレバーのprcd-PRA、PRA1、PRA2(ラブラドールはprcd-PRAのみ)は遺伝病です。

PRAは進行性網膜委縮症という病気で目が見えなくなってしまう病気です。治療方法はありません。


【運動誘発性虚脱 (EIC)】

福田ブリーダーの親犬たち(ラブラドールのみ)は全頭検査済み、生まれてくる子犬たちはEICを発症しない掛け合わせで繁殖をしています。

ラブラドル・レトレバーの運動誘発性虚脱(EIC)は遺伝病です。

激しい運動で虚脱が誘発され、四肢が硬直して動かなくなってしまう、力が入らなくなってしまいます。運動を中止すると虚脱から回復します。治療方法はありません。


【変性性脊髄症 (DM)】

福田ブリーダーの親犬たちは全頭検査済み、生まれてくる子犬たちはDMを発症しない掛け合わせで繁殖をしています。

変性性脊髄症 (DM)は遺伝病です。

発病すると後足の自由が利かなくなり歩行が困難になります。発病から3年程かけて進行し、後足、前足、呼吸の順に自由が利かなくなり死亡してしまします。

治療法は見つかっていません。


【その他の遺伝疾患】

フォンビルブランド病、ナルコレプシー病等の

ゴールデンは5項目、ラブラドールは13項目(2016年現在)を検査しています。



★★★ 6か月の生命保証 ★★★

お引渡しから6か月間に病気で死亡してしまった場合、子犬代金の全額を返金致します。


★★★大切にしていること★★★

子犬はすべて福田ブリーダーがしっかりと大切に育てた子犬です。

子犬たちは母親の愛情をたっぷり受け、兄弟と遊び、幼い時から人からの愛情も与えて明るくてフレンドリーな性格に育ており、誰からも愛される性格の良い子犬、健康・健全な子犬をお客様・ご家族にお譲りできるよう心がけています。

子犬ちゃんと飼い主様がレトリバーライフを楽しんで頂けるよう生涯にわたりサポートしていきます。

両親犬は股関節形成不全検査、PRA遺伝子検査、EIC遺伝子検査、ブルセラ症抗体検査、狂犬病予防接種、混合ワクチン接種、フィラリア予防薬、検便を定期的に受けて、安心・安全な繁殖を心がけています。

また、母体の健康を考え5才以降の出産はしません。(4才引退)


★★★プレゼント★★★

1.子犬の飼い方や注意していただきたい事を満載にした手作りの子犬説明書ファイル

2.必需品である匂いのついたバスタオル

3.血統書(極稀に後日 郵送になることがあります。)

4.1回目のワクチン接種と証明書

5.今食べているドッグフード3キロ

6.ドッグフードメーカーからのプレゼント数点


★★★お引渡し後には★★★

1.毎年1回 親睦会を開催。

(80頭前後のゴールデンやラブラドールが集まり、 兄弟、姉妹に出会えるチャンス♪)

2.時間外の電話相談はいつでもお受けしています。

3.1才~1才半の間、股関節形成不全診断費用を負担します。

(血統の安全性の研究の一環として行っています。)


★★★延長保証サービス★★★

通常保証6か月にプラス1年6か月の期間を生命保障します。万が一亡くなってしまった場合、子犬代金の全額をご返金致します。保証料金は子犬代金の10%です。


★★★マイクロチップ挿入★★★

子犬ちゃん全員にマイクロチップ挿入してお渡ししています。

飼い主登録をご希望の際は挿入費8,800円+登録費1,050円となります。

2022年6月にマイクロチップ挿入義務化が決定しています。マイクロチップは飼い主様をつなぎ、迷子になったり、盗難にあったりした際は所有権を主張できます。また、犬猫の違法な放棄・遺棄を防ぐことができます。

現在、狂犬病の鑑札は常時首輪などに着けておくことが義務とされていますが、マイクロチップと連動し、つけなくてもよいことになります。(義務化後)


★★★ペット保険について★★★

当店で団体保険『ペット&ファミリー げんきナンバーわんプロ』に加入します。お引渡し日から1ヶ月間、100%の補償を受けられます。継続加入も出来ます。