「しつけの重要性」と「しつけ教室」等について

子犬が家族になるために一番重要なこと、それはしつけです。

しつけといっても、家族によって違いますし、違ってよいものです。

家族が一緒にいて困らない、心地よいと思う行動をする、教えることがしつけです。

そして、犬と繋がる。繋がるとレトリバー種を飼うことの喜びを味わえます。

少しづつできるようになっていく子犬の成長を楽しんでしつけをしてくださいね。

大丈夫。できますよ。


そうはいってもこれだけは絶対に必要!という項目をお知らせしますね。

必要なしつけベスト3!

①噛み癖

②飛びつき

③リードの引っ張り癖


番外編

★吠え癖

★ケージ慣れ



犬は人と同じく家族と認められたからには、きちんと社会犬としてルールを守らなければなりません。

人は学校に行って学びます。犬はどうでしょうか?

多くの人は家庭で学ばせようとしています。

しつけ教室は「しつけが上手くいかなくて、手に余るようになってから」行くものだと思っていませんか?それは、大きな間違いです!


間違ったことを覚えて、習慣化されたものを正しい方向に戻すには犬も飼い主さんもとても大変です。

教える事より物事を修正することの方が根気も時間も多くかかります。そこで飼い主さんがお手上げになってしまうパターンの飼い主さんは少なくありません。

人間でも癖を直すって大変でしょ?それと全く同じです。


子犬ちゃんをお迎えして、何も知らない、何も身についていない状態で、正しいしつけやコミュニケーションを子犬に教えていくことが大事です。

その方法が正しいやり方なのか、間違ったやり方なのか、自己判断ではとても難しいですよね。

そこで、パピー教室や訪問トレーニングなどを利用してみることをお勧めします。


生後2か月でお家に迎え入れ、ワクチン終了して外部での関りが出来るまでの約2か月間は、すごく大事な期間なのです。

この時期に正しいコミュニケーションや注意したらその行動を止められるなどの飼い主さんと子犬ちゃんの間でしっかり意思疎通できているか…

または飼い主の指示が通じてないか…

で、その後のトレーニングのやり方や進み具合などの状況は大きく異なってきます!


しつけ教室やトレーナさんの中には、子犬ちゃんが参加しない『お家での過ごし方の講習会』や『訪問アドバイス』などを行っている所があります。

子犬ちゃんをお迎え入れる前に、見学や問い合わせをしてみましょう。


ただ注意してほしいことがあります。


しつけ教室やトレーナーさんとの相性というものが犬だけじゃなく、ご家族ともあります。『話をしてもよくわからない…。』『何か言い方がきつくて嫌だな…。』とか合わないと感じるようであれば無理に続けないでください。

その時は、他の教室などに変えちゃいましょう。無理に続けてもストレスになりますし、時間だけが無駄に過ぎてしまいます。


またすぐに成果を望む飼い主さんが居ますが、それはやめてください。犬もちゃんを意思がある動物です。覚え方も個体差でありますし、マニュアル通りに動くものではないという事を理解してください。


間違った行動するにも実は理由があります。

その原因を知ることで、飼い主が犬の行動を理解し、飼い主さんの気持ちにも余裕が出ると正しい方向に誘導しやすいです。

飼い主が犬とのコミュニケーション方法、しつけの方法、注意と褒めるタイミグ方法などを学ぶためのものが「しつけ教室」や「ドッグトレーナー」についてもらう事です。


当店では、『永田ドッグスクール』さんに事前講習会をお願いしています。(初回無料チケットあり)

経験を豊富に積んだトレーナーさんに教わることは同じように重要です。本当のトレーナーさんに一度会ってみてください。それを基準にお近くのトレーナーさんを探してみてくださいね。

もちろん、永田ドッグスクールさんに通われてもよいと思います。


お勧めトレーナーの永田ドッグスクールさん

プレジールケンネル

いらっしゃいませ。 ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバーの子犬販売、ブリーディングを行っています。 犬種特有の遺伝疾患、股関節形成不全を減らす努力をしています。 優しく、おおらかで賢いレトリバーを家族の一員にお迎えください。